京都えびす神社
HOME 由緒 年間行事 都七福神 十日ゑびす 交通案内 お問い合わせ
年間行事
祭礼は1月8日から12日の5日間に渡り、以下の神事を中心に執り行われます。
1月 - -
8日  招福祭


午前9時 開門
午前10時 宝恵かご社参(東映太秦映画村)


午後2時 湯立て神楽神事


午後2時半 餅つき神事(神主、巫女、奉仕)


午後11時 閉門
9日  宵ゑびす祭


午前9時 開門


午前9時 招福まぐろ奉納
午前10時 宝恵かご社参(東映太秦映画村)


午後2時 祭典執行
☆夜通し開門
10日  十日ゑびす大祭(初ゑびす)


午前11時〜12時 東映女優の奉仕による福笹の授与


午後1時〜2時半 東映女優の奉仕による福笹の授与
☆夜通し開門


午後2時 祭典執行
11日  残り福祭


午後2時〜4時 (祇園町)舞妓さんの奉仕による福笹と福餅の授与


午後8時 祭典執行


午後8時〜10時 (宮川町)舞妓さんの奉仕による福笹と福餅の授与


午前0時 閉門
12日  撤福祭


午前9時 開門


午後8時 祭典執行


午後10時 閉門
※宝恵かご社参
 東映の女優さんが松竹梅と紅白に飾ったかごに乗りこみ、ゑびすばやしの「商売繁昌でささもってこい」のかけ声勇ましく、太秦の映画村より神社へ参拝し、それより順次各デパート、商店、銀行等へ吉兆笹を配り、京の初春を祝います。


祭の特徴
この五日間にわたり、当神社において商売繁昌・家運隆昌を祈願した吉兆笹を授与いたします。
 また、縁起物の大宝・福俵・福箕・福熊手・福鯛・宝船・宝来等を授与いたします。
 その他縁起の良い、御札・御守り・福銭・小判などを授与いたします。
神楽殿におきまして、終日、神楽の奉納が行われます。
十一日 残り福祭には、
 祇園町・・・午後二時〜四時
 宮川町・・・午後八時〜十時
 の舞妓さんの奉仕により福笹を受けられた方に福餅(八日餅つき神事による餅)を授与いたします。
 舞妓さんによる福笹授与 舞妓さんによる福笹授与


干支の絵馬ゑびす神社で毎年授与される干支の絵馬は当代の名誉宮司である中川清の原画によるものです。
絵馬 干支の絵馬
名誉宮司が40年にわたり原画を描いてきた
絵馬の一部
平成27年の干支の絵馬

 当ページに掲載されている情報・画像を、無断で転用・複製する事を禁じます。
Copyright(C)2002 Kyoto ebisu jinja All rights reserved.